野球狂の叫び

2012年6月19日

長野久義

Filed under: 読売巨人軍 — admin @ 10:09 AM

巨人の長野が好きだ。

誇張なしで、半世紀にひとりの逸材だと思う。

バッティングだけに目がいきがちだけど、

走塁と守備、どれをとっても一流なのが凄い。

ただ、やっぱりあの打撃が魅力なのは間違いない。

すこしでも野球をしたことがある元野球少年たちは

あの凄さがわかると思う。

それくらい、ずば抜けていて、素人でもわかる。

なぜ、あんなにベースから離れていて打てるのか。

なぜ、あそこまで身体の軸がぶれないのか。

なぜ、あんなにレベルスウィングを維持できるのか。

挙げればキリがないけれど、まあ、もっと

くだけて言えば、

構えがカッコいい!

これに尽きると思う。

思えば、少年時代、必死になって真似した

憧れのプロ野球選手たちは、みんな構えがカッコ良かった。

落合、清原、イチロー、前田、松井稼、松中……。

そんなキラキラ輝くスターたちと、

長野久義はすでに同列なのだ。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

Powered by WordPress